サブメニュー

残価設定型のデメリット

販売店で新車を購入する時に、残価設定型マイカーローンを勧められる人が増えています。数年後には車を下取りに出す前提で、最終的には残価分として購入した車を返済します。そのまま車に乗り続けるのも可能ですが、その際には再度残価分をローンで支払います。

 

残価設定型マイカーローンでは、毎月の支払額を抑えつつ、新車に乗れます。ローン支払後も必ず乗り換える必要はなく、そのまま車に乗り続けるという選択肢もとれます。一見良い点ばかりのように見えますが、注意点もあります。

 

残価設定型マイカーローンでは、車に傷がついたりして、査定の差額分を請求される場合があります。また、走行距離が長い場合にも、同じく査定の差額分を請求されます。

 

また、そのまま車に乗り続けるという選択をした場合、残価分をローン、または一括で返済します。残価設定型マイカーローンでは、残価分もローン金利に含まれています。ローンで残価分も支払う場合、他のマイカーローンと比べて支払総額が高くなってしまう可能性があります。残価設定型マイカーローンは支払総額を抑えるためのローンではなく、毎月の支払額を抑えるためのローンです。

 

残価設定型マイカーローンに向いているのは、頻繁に新車に乗り換えたい人や、毎月の支払額を抑えて車を購入したい人です。

 

ただし中古車のローンでは使えなくなっているので、新車で車を購入する場合に限ります。中古車をローンで買うとするなら金融機関の低金利マイカーローンが優れているので、中古車のローンを使いたい方はそれぞれの金融機関で調べてみることをおすすめします。