サブメニュー

銀行のメリットとデメリット

自動車販売店では、マイカーローンの斡旋も行っています。販売店で斡旋するローンをディーラーローンといいます。ディーラーローンならその場でローンの手続きも一括で行えますし、サイン以外の項目はほとんど行ってくれます。

 

しかし、現在は銀行系のマイカーローンを自分で探す人も増えています。銀行のマイカーローンのメリットは金利にあります。ディーラーローンと比べると、銀行の方が金利の相場が低いです。借入金額が100万円を超えるマイカーローンでは、1%金利が違うだけで、支払総額に数万円もの差が出ます。

 

ただし、銀行のマイカーローンにはデメリットもあるので注意が必要です。まず、マイカーローンには手続きがありますが、販売店とは別の窓口で行う分手間がかかります。これは金利を低くするためには避けられません。

 

また、銀行のマイカーローンは、ディーラーローンと比べると審査が厳しい傾向にあります。審査と言われて落ちる心当たりがある人は、ディーラーローンの方が安心かもしれません。ディーラーローンの借入れでは、購入する車が担保になるので、それだけ審査も緩くなります。

 

銀行のマイカーローンは基本的に無担保ローンなので、審査のハードルは上がってしまいます。

 

高いハードルをクリアできれば様々な用途にマイカーローンが使えるようになるので、車の購入以外であっても免許費用のマイカーローンとしても利用が可能です。