サブメニュー

マイカーローンの3つの変化

マイカー購入は高い買い物です。ただし、支払方法は現金一括だけでなく、ローンを組むのも可能です。実際に車を買う時に、マイカーローンを利用する人は、昔も今も多いです。ローンがあるから、私達は高額な車を手軽に購入できます。

 

 

マイカーローンの傾向に、最近大きな変化が3点あります。しかもいずれも、これからマイカーローンを組もうと考えている人にとっては重要な変化です。まだマイカーローンをどこで組むか考えていないのであれば、最近の傾向について把握しておきましょう。

 

ディーラーローン以外のマイカーローン

マイカーローンというと、販売店にて斡旋されているローンを契約するのが一般的でした。その理由として、手続きが簡単なのと、ディーラーに言われるがままに契約する人が多かった点があります。

 

しかし、現在は銀行などで、自分でマイカーローンを探す人が増えています。販売店で手続きができるものを、わざわざ銀行などで手続きを行うのには、それなりのメリットがあるからです。ディーラーローンと比べると、銀行のマイカーローンの方が、金利が低い傾向にあります。

 

よりお得に利用をしたいのであれば、いいなりにならず自分で探す姿勢が求められます。その代り、きちんと探せば驚くような金利差でマイカーローンを組むのも可能です。

 

低金利での借り入れが利用できればマイカーローンの返済額も抑えられるようになるので、最終的な支払い総額を少なくしてマイカーがローンで買えるようになるのです。

 

増えている審査落ち

マイカーローンの申込み時には審査があります。審査が終わって初めてローン契約が結べます。しかし、中にはマイカーローンの審査に落ちてしまう人もいます。審査に落ちてしまうとローンは組めません。

 

最近の傾向として、マイカーローンの審査に通らないという人も増えています。原因として例えば、雇用が不安定になっている点が挙げられます。終身雇用制が崩れ、派遣社員や契約社員も珍しくなくなりましたが、高額で支払期間の長いマイカーローンは、審査も厳しくなります。

 

また、キャッシング利用者の増加や、支払い遅延者の増加も、審査落ちに拍車をかけています。マイカーローンの審査では、他社も含めた各種ローンの支払い履歴なども影響を与えます。

 

残価設定型マイカーローン

車を現金一括で買うのとマイカーローンを組む時の違いとして、毎月の支払の負担があります。マイカーローンで借りたお金は毎月返済していきますが、借入金額の大きなマイカーローンでは、毎月の支払額も大きくなりがちです。そのような中、ピカピカの新車を、毎月の支払額を抑えて購入する方法が出てきました。それが残価設定型マイカーローンです。

 

残価設定型マイカーローンでは、3年~5年後に、購入する車を下取りに出す前提でローンを支払います。例えば300万円の新車の価値が3年後に180万円になるとした場合、差額の120万を3年かけて支払います。3年後にはその車を下取りに出して残債を生産します。

 

残価設定型マイカーローンでは、支払い完了時に、今の車を下取りに出さないという選択肢も選べます。ローン支払い時に下取りに出して清算して終了もできますし、清算して次の新車をローンで購入するのも可能です。また、今の車に乗り続けたいのであれば、残債を再度ローンで返済するという選択肢も選べます。もちろん購入時にどうするかを決める必要ないので、その時の状況によって選択できます。

 

新車であっても毎月の支払額が抑えられる点と、頻繁に新車に乗り換えできる点、乗り換えるか継続して乗り続けるかの選択も自由に行える点などが、残価設定型マイカーローンのメリットとなります。これらのメリットから、残価設定型マイカーローンで新車を購入する人も増えています。

 

ただし、事故による傷や破損、走行距離オーバーなどによって、予定より査定が下がる可能性もあるので注意が必要です。

 

また、残価設定型のローンはその性質から新車の購入に限られる場合がほとんどのため、新車ではなく中古車で使うマイカーローンの場合には残価設定型での利用はできないので注意が必要です。

 

詳しくは利用先のローン会社やディーラーに聞いてみると良いでしょう。